塾講師暦15年の中里が惜しみなく教える生き方の極意。今日であなたの悩みは消える。
   SKIN DESIGN by AYANYAN
MATERIAL by SweetTime
★自己紹介♪
profilephoto
元塾講師の中里です♪大学卒業後、産業用ロボット関係のコンピュータ設計を8年行い♪ その後、学習塾で小中学生に社会・英語を15年教え♪今は韓国語の通訳をしています♪
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
不景気だからこそ、この一品!!
あし@
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
勉強は工夫?
 ←ぽちっとお願いします 

おはようございます、元塾講師中里です。

今日は、会社が10時まで停電、

遅い出社なので、大好きなミスドで、記事を書いています。

 

お題は「勉強は工夫?」です。

英語で教育は「引き出す」と言う意味というのは、さっき伝えましたが、韓国語で勉強は「コンブ」と言いまして、

「工夫」という漢字を使います。

 

お国柄と言うか、文化というか、

面白いですよね。

 

韓国は、日本に勝るとも劣らずの、受験戦争が歴然と存在する国で、

受験となると、当然、教え込み、暗記、つめこみが不可欠でしょうけど、それでも、勉強に対する、基本的な考え方は、少々、違うようです。

 

日本も、開国以降、欧米に追いつけ追い越せの国策から、

教え込み、学び、真似、パクリ?の教育にならざるを得なかったと思いますが、欧米に追いついた後の教育は、当然変化しなければならないと思います。

 

自分が、トップランナーになったときは、

まさに「創意工夫」が必要になってくると思いますが、

旧態依然たる今の受験制度、教育制度では、

国の未来が案じられます。

 

私だけかなあ、そう思うの。

 

では、また……

←ぽちっとお願いします
| 勉強法 | 04:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
教育…引き出す
   ←ぽちっとお願いします

おはようございます、元塾講師中里です。

 

雪の季節になりました。

この間、韓国の人がゴルフ場に来て、「雨よりは雪の方がいい」

と言って、雪でもゴルフをしていきました。

韓国人、恐るべし。

 

今日のお題は「教育…引き出す」です。

英語で教育をeducationと言いますが、

この語源は「引き出す」という意味があるそうです。

何を引き出すんでしょう?

 

人間には、無限なる潜在能力があり、それを引き出すのが教育の役割だと言うことです。

 

日本の標準的な教育観というのは、「読み・書き・そろばん」のように教え込みが基本になっているのに対し、欧米は、教え込みの重要性を認識しながらも、隠れた能力を引き出すトレーニング、環境づくりに尽力しているように思われます。

 

もちろん、それぞれ、一長一短があるでしょうけど、日本も、子どもの潜在能力を信じ、教えすぎず、自分で思考し、創造していく自由な環境を、もっと、もっと、与えていく方がいいと思うなあ。

 

では、また……

 ←ぽちっとお願いします
| 勉強法 | 07:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
なぜ学ぶのか
   ←ぽちっと、おねがいします

おはようございます、元塾講師中里です。

おととい、ゴルフ場を歩いていたら、来ました、来ました、

雪です。ついに来てしまった。夏タイヤのままなのにどうやって帰ろう、と思いながら、そろそろとゆっくり帰ってきました。

受験生の皆さん、学生の皆さん、今何かの資格試験のために猛勉強中のあなた、

頑張っていますか?

ふと、「ナンデ、勉強しているのかなあ?」って思うとき、ありませんか。

15年間、塾講師をやってきまして、何度となく、こんなことを聞かれ、そのたびに、答えを探しては、対応してきたんですが、

将来のため、資格を取るため、就職のため、有名になるため、夢実現のためなどなど

いろいろ言ってきたけど、何故か、しっくり来ない時期があって

そうしているうちに、吉田松陰の次の言葉に出会いました。

「人の人たる所以(ゆえん)を知るために学ぶ」

どうです。学習者たるもの、何か、利益を得るために学ぶのでなく、

人生行路において、まず、知らなければならないのは

「自分が何であるか」だと思います。

でも、それは、古今東西、いろいろな人が考え、苦悶してきたテーマであるから、

簡単には答えは出てこない。

でも、だから、面白い。

ご意見・ご感想、お待ちしております。

では、また……

ぽちっと、おねがいします
| 勉強法 | 05:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
語学は耳から
 

おはようございます、元塾講師中里です。

英語ができたらかっこいいなあ、って思いますよね。

でも、大学を出ても、しゃべれる人はあまりいないのが現実ですよね。

私、英語はあまりできないんですけど、韓国語はまあまあしゃべれます。

通訳なのに、「まあまあ」でいいの?という、ツッコミが来そうですが、

まあ、気にしないでっと。

もう20年前になりますが、韓国に6年いってまして、

そこで、エンジニアとして仕事をしていたんですが、

最初の2年は、全然話せなくて、苦しかったなあ。

でも、2年間、韓国語の環境にいたおかげで

耳が慣れてきたんだと思います。

何気なく聞いている韓国語が、脳の器にたまってきて

2年たったある日、突然、意味がわかるようになり、しゃべれるようになっていました。

語学の本には、よく、「語学は耳から」って書いてるけど

半信半疑でした。自分が身を持って体験できるなんて思ってもみませんでした。

これから、外国語を学ぼうとしている皆さん、今、まさに、学んでる最中の皆さん、

いっぱい聞いてください。単語を覚えたり、文法を学んだりするのも大事ですけど

何はともあれ、聞きましょう。

では、また……
<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?698624">人気ブログランキングへ</A>
| 勉強法 | 04:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
三反復
 

こんばんは、元塾講師中里です。

受験生の共通の悩みって、きっと、「覚えること」だと思うなあ。

15年間の塾講師生活の中で、延べ3000人は教えてきていると思うけど、

「先生、覚えられないよ〜」という悲鳴を何度となく聞いてきました。

点数が取れるようになるにはどうしたらいいのか。

15年間、ずっと考えてきた結論が、表題の「三反復」であります!

人間の脳は反復に弱い。反復されると、ついつい覚えてしまう。3回反復したことは忘れようとしても、忘れられない。

まずはテストに出そうなポイントを整理する。

あとは、声を出して読み、手で書き、色を塗り、何度も見る、繰り返す。

あきるぐらい見る。

私自身が、大学受験のときに、入試直前に苦手理系科目(数学・物理・化学)を三反復して合格を射止めた経験から、自信を持ってオススメします。

だれでも、覚えられます。

生まれてからこの方、ずっと、日本語を聞いてきたあなたは、今、日本語の達人ですよね。

大丈夫です。

合言葉は「三反復」です。

| 勉強法 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |