塾講師暦15年の中里が惜しみなく教える生き方の極意。今日であなたの悩みは消える。
   SKIN DESIGN by AYANYAN
MATERIAL by SweetTime
★自己紹介♪
profilephoto
元塾講師の中里です♪大学卒業後、産業用ロボット関係のコンピュータ設計を8年行い♪ その後、学習塾で小中学生に社会・英語を15年教え♪今は韓国語の通訳をしています♪
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
不景気だからこそ、この一品!!
あし@
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アイディア
  ←ぽちっとお願いします、励みになりますので。  


こんばんは、元塾講師中里です。

 

いつも、たくさんの、ご訪問、心から感謝しております。

 

今日は、一日中、ゴルフ場の会員宛の年賀状を書いていて、手が棒になっている中里です。

 

つくづく、字が下手でいやになってしまうのですが、上司が一言、「字、上手いね」。

 

苦笑いするしかなかったですね。

 

今日のお題は「アイディア」です。

 

仕事のできる人っていますよね。

 

ヤル気があって、てきぱきしていて、アイディアもどんどん発する、上司の評価も高い人。

 

今日読んだ本に、面白いことが書いてありました。

 

アメリカのある出版社がカウンセラーに社内の調査を依頼し、

 

社員の創造性のあるなしを調べさせたところ、結果は、半々だったようで、

 

創造性やアイディアのあるなしの差は、意外にも、「思い」の差だったということです。

 

自分には創造性があると思っている人は創造的で、ないと思っている人はアイディアもでてこない。

 

けっして、先天的な能力によるのではないし、自分を造るのは、自分の意識だと結んでいました。

 

私達って、先天的なものに不満を抱いたり、自分にはできないと勝手に判断したりすることってよくありますよね。

 

今日も、本の一言に、力をいただきました。

 

では、また……


  ←ぽちっとお願いします、励みになりますので。
| 仕事 | 22:19 | comments(10) | trackbacks(0) |
塾というところ
  ←ぽちっとお願いします、励みになりますので。


こんばんは、元塾講師中里です。

 

今日は、また、季節はずれの雨、スキー場の雪もすっかり融け、今日は、クローズになりました。

 

ツバル共和国、大丈夫かな?→詳しくは、以前の記事(12月5日、自然、雨)を見てね。

 

今日のお題は「塾というところ」です。

 

私が小さかったときは、学習塾なんて、無かったけど、進学熱の高まりと、少子化によって、子供一人に掛けられる教育費が増加し、

 

北の果て、10万人都市までも、塾が乱立しています。

 

塾に入る前は、小中学校の勉強を教えることを軽く見ていたんですが、

 

入ってみると、これは、これは、筆舌に尽くしがたいほど難しい。

 

教科内容もさることながら、ヤル気のない子、元気の無い子、学力的に厳しくまだ芽が出ていない子を、どうしたら、できる子、元気で、何事にもヤル気を持って立ち向かえる子に変えられるか、

 

悩んでばかり、七転八倒の日々でした。

 

でも、毎年、3月中旬の合格発表の日、

 

「先生、ありがとう、先生のおかげで合格できました。」

 

「先生のおかげで、人生変わりました。」

 

毎日、16時間労働、家に帰っても、パソコンで、次の日のテストやテキストをつくる日々でしたが、

 

この、一日で、「ああ、やっててよかった。」って。

 

体力の限界を感じ、この春、15年の講師生活に幕を下ろしましたが、

 

約3000人の人生に、何らかの形で関われたこと、とても、感謝しています。

 

では、また……


  ←ぽちっとお願いします、励みになりますので。
| 仕事 | 21:32 | comments(9) | trackbacks(0) |
仕事
   ←ぽちっとお願いします、励みになりますので。


こんばんは、元塾講師中里です。

 

北海道の冬は厳しく、今日も、外の仕事が多かったんですが、手がかじかんで、手先の感覚があまりない状態で書いてます。

 

今日のお題は「仕事」です。

 

マルクスの労働価値説の中に、「人間は労働を通して、自分自身を作る」という一節があります。あまり知られていないかもしれませんね。

 

マルクスは、はっきり言って大嫌いなんですが、この一説は好きで、共感できます。

 

労働というのは、作品を作ること、自分自身を投影した「第二の自分」を作ることだと思います。

 

自分が生きていた証しが仕事なら、決して手が抜けません。仕事に投影された自分が納得いかないものなら、納得いくまで、作り直すと思います。仕事を通して、自分も鍛えられ、成長していくと思います。

 

社会人(会社人?)を24年間もやってますと、そんな思いで今日までやってきたなあと思います。

 

皆さんは、どう考えますか?

 

では、また……


 ←ぽちっとお願いします、励みになりますので。
| 仕事 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |